放射線技師になる方法|人間の体についての勉強が必要|整体師になるには知っておきたい事

人間の体についての勉強が必要|整体師になるには知っておきたい事

放射線技師になる方法

婦人

放射線技師になる方法

放射線技師のお仕事は病院のレントゲンやMRIなどの検査をするのが基本です。これらの検査をすることによって病気の原因が特定できるため、とても重要なお仕事です。放射線は病気やケガの検査をするためには欠かせない存在ですが、扱い方を間違えると非常に危険なものです。そのため、放射線を安全に扱うことができる放射線技師がとても重要な存在となっています。放射線技師になるには、診療放射線技師の国家資格の試験を受験し合格する必要があります。この国家試験を受験するためには、大学や短大・専門学校などで3年以上、放射線技師の養成講座を受講し修了する必要があります。また実践的な能力を持つ放射線技師になるには実習が欠かせません。この実習期間は試験やレポートに追われ忙しくなります。ただしここを乗り越えれば、国家資格の合格率は約70%なので夢にぐっと近づくことができます。

放射線技師の就職先

放射線技師になるには、まずは国家資格の試験に合格する必要があります。その上で、病院やクリニックなどの検査技師として就職する人がほとんどです。ただし、放射線技師の活躍の場は病院やクリニックだけではなく、医療機器の開発メーカーや医療機器のメンテナンスを行う会社でも必要とされています。また乳がん検査やマンモグラフィ検査など女性を対象とした検査需要が増えてきているため、女性の放射線技師の需要も高まっています。就職先はある程度安定はしていますが、求められる放射線技師になるには資格試験に合格するだけでは足りません。医療は常に進歩していますので、それについていくために常に学ぶ姿勢と機械を好きになることが大切です。

Copyright © 2017 人間の体についての勉強が必要|整体師になるには知っておきたい事 All Rights Reserved.